急に花粉症になったときに知っておきたい対処法

自分でまずやるべき花粉症対策

花粉症自己防衛方法

今回は花粉症かも、という疑いを持った時、まずは自分でできる防衛方法を教えていこうと思います。

花粉症のメカニズムは前述した通り、花粉が身体の中に入ってくることで起こるアレルギー反応だということを思い出してください。
つまり、身体の中にいかに花粉を入れないようにするのかが、花粉症自己防衛方法となります。

花粉を身体に入れないように、と言われても、目に見えない花粉をどのように防げばいいのでしょうか?

花粉シーズンになると、ニュースでその日の花粉情報を教えてくれます。
まずは、そのニュースを見て、どの程度の花粉がその日に飛び交っているかを知りましょう。
そして、花粉の飛散が激しい日の、特に午後1時から3時頃は外出をしないようにしましょう。

いかに花粉を身体にいれないか

花粉の飛散が激しい日の外出を控えろ、と言われて、外出しなくて済むなら苦労はしない、と言われてしまいそうですね。
では、外出をしなくてはならない時はどのような対策があるのでしょうか?

まず、眼鏡、マスクは基本として、できればマフラーや帽子もかぶって身体の露出をできるだけ控えるようにしましょう。
身体の中に花粉が入り込まないようにできるだけ防御するのです。

そして、帰宅したときなど室内に入る前に、外で洋服をしっかりと叩いて、花粉を除去してください。
目に見えない花粉ですが、確実に洋服についています。
洋服についた花粉を、そのまま室内に運んでしまうと、室内でも花粉に悩まされてしまいます。

花粉症自己防衛対策として、まずやるべきことは、いかに身体に花粉が入らないようにするか、だということを覚えておいてください。


この記事をシェアする