花粉症?と思ったらまずやること

急に花粉症になったときに知っておきたい対処法

花粉症の種類と検査

くしゃみや鼻水が止まらない症状が出てきて、「あぁ、風邪ひいちゃったなぁ」と思ってすでに一週間。
風邪にしては長引くなぁ、と思ってはいませんか?
それって、本当に風邪ですか?

私も実は今年、同じ症状になっていました。
今回の風邪はしつこくて嫌だなぁと思っていたら、友人から「それって花粉症なんじゃない」と言われて、初めてその可能性に気付いたのです。

ちょっとした風邪だと、基本的に病院に行かない私は、鼻水が出ると鼻風邪だと勝手に思い込んでおり、他の可能性など考えたこともありませんでした。
これまで、花粉症になっていなかったので、なおさらです。
まわりには、たくさんの花粉症の友人たちがいるにも関わらず、これまで花粉症でなかったから、これからも花粉症にならないと勝手に思っていたのです。

花粉症は突然なるのです。
それには、花粉症になってしまう、メカニズムを知る必要があります。

そもそも、花粉症というのはアレルギー反応の一つです。
身体に入ってきた花粉を外敵とみなし、花粉を追い出そうとして戦っている結果、鼻水やくしゃみをしているのです。

去年まで花粉症じゃなかったのに、なぜ今年から急に花粉症になってしまうことがあるのでしょうか。
花粉を外敵とみなして、それを排除するための抗体をIgE抗体と言います。
このIgE抗体は、花粉が身体に入ってくるたびに作られて、身体の中で蓄積されていきます。
そして、このIgE抗体が身体の中で蓄積されすぎると、アレルギー反応が起きるようになり、鼻水やくしゃみといった症状がでてしまうのです。

なぜ花粉症は突然発症するのか

花粉症と言えば、春に発症するイメージが強いと思います。 ニュースでも毎年春になると、今日の花粉情報など、どの程度花粉がその日飛び交っているかを伝えています。 そんな春のイメージがある花粉ですが、実はほぼ一年中花粉症の症状が発症する可能性があるのです。

自分でまずやるべき花粉症対策

花粉症かもしれない、と疑いを持った時、まずは前述した通り病院に行って花粉症の検査をしてもらうのはとても大切なことです。 ただ、仕事が忙しくて、詳しく検査をしてもらう時間がないなど、検査をするのが難しいこともあると思います。 それでも、症状は出ている中、すぐにできる対策はあるのでしょうか?

花粉症の治療方法

花粉症の自己防衛方法として、いかに身体に花粉を取り入れないかを前項では説きました。 そのほかにも、市販の薬で花粉の症状を抑える方法というのもあります。 ただ、初めて花粉症になった人ほど、きちんと対処をすべきだと私は思います。 それには、まず病院にいって診断をしてもらうことです。